So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

茅野の書店の高村さん/暮しの手帖 2016年8−9月号「彼女の力」 [絵本屋さん:本屋さん]

茅野の書店の高村さんが、暮らしの手帖の「彼女の力」の記事で取り上げられました。

IMG_3733.jpg

高村さんは、長野の茅野駅前の今井書店の店長。

高村さんとの出会いは、絵本「スマントリとスコスロノ」がきっかけでした。
この絵本に高村さんが惚れ込まれた縁で、お会いできたのです。

3見開きで、高村さんが紹介されています。
お近くの書店、また図書館でご覧ください。

IMG_3734.jpg

書店を継ぐことになった経緯。地域とのつながりのこと。
絵本への思いがぐいぐい。

IMG_3735.jpg

最後のページに、絵本「スマントリとスコスロノ」が!

IMG_3736.jpg


昨年絵本が休版になった時も、のこりの在庫を出版社から取り寄せられ、販売してくださいました。
幸せな絵本だな。

IMG_2320.jpg
(写真は諏訪湖の亀ドン)

高村さんは、“蓼科絵本セミナー”という講演会を毎年企画されています。
2011年に、そこで話してもらえないか?と、連絡がきたのが、高村さんとお会いするきっかけでした。
講演される方は決まっていました。
しかし、この回のテーマ、「私たちが作ってきた世界 そしてこれから~旅立ち~」では、もう一人若い作家を紹介するのが必要なのでは?。と、高村さんは思われ、私に声をかけてくださったそうです。ありがたかったなあ。

IMG_3738.jpg
本への思いがドドーンと。私のイメージの高村さん。

2011年8月27日(土):蓼科絵本セミナー「私たちが作ってきた世界 そしてこれから~旅立ち~」
関連記事:第6回蓼科絵本セミナー 8月27日(土)よろしくだす。

茅野の駅前の今井書店。(2011年の写真)
IMG_2309.jpg

2011年の絵本セミナーの講演会の様子。
IMG_2313.jpg


「スマントリとスコスロノ」の絵本。
記事にも書かれていますが、現在休版状態で、出版社でも在庫切れの状態です。
お近くの書店の棚に、ひっそりとあるかも!
また、早川の手持ちもまだ少しあるので、個展などで少しずつ販売しています。

コメント(0) 

「サクセス」(グローバル教育出版): 2016年 7、8月号 インタビュー記事 [掲載記事]

「サクセス」(グローバル教育出版)

2016年 7、8月号で、絵本を紹介して頂きました。

「サクセス」は小学生を対象にした進学塾「早稲田アカデミー」の塾生誌。
中学受験のを応援する雑誌だそうで、一般の書店でも購入することができます。
毎回絵本作家のインタビュー記事が連載されており、そこで今回紹介していただきました。


IMG_3694_2.jpg

絵本「はやくちこぶた」のことを中心に。
絵本を描くことになった経緯。「はやくちこぶた」をどんな形で作っていったかなど。

私のフニャフニャな喋りを編集者の橋爪さんが、分かりやすくまとめてくださいました。
ありがとうございました!

お近くの書店、また図書館など見かけましたらぜひ。
読んでいただけたら嬉しいです。

IMG_3695.jpg


「はやくちこぶた」の他の記事は、こちらでまとめています。
はやくちこぶた

コメント(0) 

もちもち。。。 [ほにゃほにゃ: 気まま日記]

もちとまだ格闘しています。ももも〜〜〜。

IMG_3698.jpg

はやくしないと8月だ〜。
コメント(0) 

皿の上  陶器の絵皿を使っています。アクリル絵の具が乾くとガラス絵みたいになるな。 [きまま落書き]

おばさんとオウム
ibu dan barung beo

IMG_3655.JPG

イノシシ
babi hutan

IMG_3654.JPG


絵本の挿絵仕事では、アクリル絵の具で色をつけています。
陶器の絵皿を愛用しています。ちょっと重いけれど。
使った終わった絵皿。残った絵の具が乾いたら、水につけるとペロッと剥がれます。
それを捨ててます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【鹿角版画 早川純子】(Junko HAYAKAWA) 版画家:絵本作家 
不思議世界に繋がるハッピーワールド!版画や絵本を作っています。 

こんにちは。このブログを見ていただいて、ありがとうございます。
2017年に、こちらの新しいブログに引っ越しました。→【blog】https://www.sikatuno.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私はうさぎや鹿など、ちょっと変わった生き物が登場する、版画や絵本を作っています。

鹿角版画の《鹿角;しかつの》は、鹿のツノをアンテナに見立てて、名付けました。

頭につけたアンテナで、ワクワクのタネを受けとめ、作品をつくる。
できた作品が、どんどん世界に旅立って行って、それが新しい出会いにつながる。
そしてまた、ワクワクの作品を作れるのがうれしいな。
小さい人や、大きい人の、ワクワクの泉になると嬉しいな〜と、想像しながら作品を作っています。
のんびり気長によろしくお願いいたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
早川純子ホームページ【Homepage】
https://www.hayakawajunko.com


<早川純子のSNSアカウント>
【blog】 
https://www.sikatuno.net

【twitter】:新月と満月の時に、呟くことが多いです。
https://twitter.com/sikatunohanga

【instagram】;顔を作って遊んでいます。明るい気持ちになってくれると嬉しいな。
https://www.instagram.com/junko_hayakawa

【LINE】
https://line.me/R/ti/p/%40vfh7580d

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
早川純子【はやかわ じゅんこ】版画家:絵本作家 
東京生まれ 1997年 多摩美術大学院修了
大学で版画を学び、現在版画を作りながら絵本の仕事をしている。
主な絵本に、「まよなかさん」(ゴブリン書房)、「はやくちこぶた」(瑞雲舎)、
「どんぐりロケット」(ほるぷ出版)、
「山からきたふたご スマントリとスコスロノ」(乾千恵再話、松本亮監修/福音館書店)など
多数。
コメント(0) 

絵皿 [きまま落書き]

トラ harimau

IMG_3622_2.jpg


うし Sapi

IMG_3635.jpg



絵本の挿絵仕事では、アクリル絵の具で色をつけています。
陶器の絵皿を愛用しています。ちょっと重いけれど。
使った終わった絵皿。残った絵の具が乾いたら、水につけるとペロッと剥がれます。
それを捨ててます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【鹿角版画 早川純子】(Junko HAYAKAWA) 版画家:絵本作家 
不思議世界に繋がるハッピーワールド!版画や絵本を作っています。 

こんにちは。このブログを見ていただいて、ありがとうございます。
2017年に、こちらの新しいブログに引っ越しました。→【blog】https://www.sikatuno.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私はうさぎや鹿など、ちょっと変わった生き物が登場する、版画や絵本を作っています。

鹿角版画の《鹿角;しかつの》は、鹿のツノをアンテナに見立てて、名付けました。

頭につけたアンテナで、ワクワクのタネを受けとめ、作品をつくる。
できた作品が、どんどん世界に旅立って行って、それが新しい出会いにつながる。
そしてまた、ワクワクの作品を作れるのがうれしいな。
小さい人や、大きい人の、ワクワクの泉になると嬉しいな〜と、想像しながら作品を作っています。
のんびり気長によろしくお願いいたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
早川純子ホームページ【Homepage】
https://www.hayakawajunko.com


<早川純子のSNSアカウント>
【blog】 
https://www.sikatuno.net

【twitter】:新月と満月の時に、呟くことが多いです。
https://twitter.com/sikatunohanga

【instagram】;顔を作って遊んでいます。明るい気持ちになってくれると嬉しいな。
https://www.instagram.com/junko_hayakawa

【LINE】
https://line.me/R/ti/p/%40vfh7580d

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
早川純子【はやかわ じゅんこ】版画家:絵本作家 
東京生まれ 1997年 多摩美術大学院修了
大学で版画を学び、現在版画を作りながら絵本の仕事をしている。
主な絵本に、「まよなかさん」(ゴブリン書房)、「はやくちこぶた」(瑞雲舎)、
「どんぐりロケット」(ほるぷ出版)、
「山からきたふたご スマントリとスコスロノ」(乾千恵再話、松本亮監修/福音館書店)など
多数。
コメント(0) 

おもち描いています。 [きまま落書き]

アワアワしながら絵本の原画を描いています。

沢山の生き物と、おじいさんおばあさん。おもちが出てきます。
満月に原画完成だ〜。お〜。

IMG_3620.jpg

順調にいけば、秋に刊行予定。
めどが着いたらお知らせ致します〜。


年内、他に2つ絵本を進行中で、どちらも来年の前半には刊行されます。
一つは神話。
もう一つは月刊誌の絵本で、言葉遊びの内容。

それからゴソゴソ進めていた、言葉遊びの絵本に取りかかります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【鹿角版画 早川純子】(Junko HAYAKAWA) 版画家:絵本作家 
不思議世界に繋がるハッピーワールド!版画や絵本を作っています。 

こんにちは。このブログを見ていただいて、ありがとうございます。
2017年に、こちらの新しいブログに引っ越しました。→【blog】https://www.sikatuno.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私はうさぎや鹿など、ちょっと変わった生き物が登場する、版画や絵本を作っています。

鹿角版画の《鹿角;しかつの》は、鹿のツノをアンテナに見立てて、名付けました。

頭につけたアンテナで、ワクワクのタネを受けとめ、作品をつくる。
できた作品が、どんどん世界に旅立って行って、それが新しい出会いにつながる。
そしてまた、ワクワクの作品を作れるのがうれしいな。
小さい人や、大きい人の、ワクワクの泉になると嬉しいな〜と、想像しながら作品を作っています。
のんびり気長によろしくお願いいたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
早川純子ホームページ【Homepage】
https://www.hayakawajunko.com


<早川純子のSNSアカウント>
【blog】 
https://www.sikatuno.net

【twitter】:新月と満月の時に、呟くことが多いです。
https://twitter.com/sikatunohanga

【instagram】;顔を作って遊んでいます。明るい気持ちになってくれると嬉しいな。
https://www.instagram.com/junko_hayakawa

【LINE】
https://line.me/R/ti/p/%40vfh7580d

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
早川純子【はやかわ じゅんこ】版画家:絵本作家 
東京生まれ 1997年 多摩美術大学院修了
大学で版画を学び、現在版画を作りながら絵本の仕事をしている。
主な絵本に、「まよなかさん」(ゴブリン書房)、「はやくちこぶた」(瑞雲舎)、
「どんぐりロケット」(ほるぷ出版)、
「山からきたふたご スマントリとスコスロノ」(乾千恵再話、松本亮監修/福音館書店)など
多数。
コメント(0) 

レバランなのかな? インドネシアはお正月がいっぱい。って、感じました。 [インドネシア関連]

今日がレバラン(ルバランと聞こえる?)なのかなあ。。。

IMG_3589.jpg

2016年は、7月4日の夜が新月。
翌5日がpuasa(断食)の最終日だったようです。

宗派によって前後するようで、昨年(2015年)のレバランは、一緒の日だったと聞きました。
今年はどうなのかな?

昨年ジョグジャカルタに半年滞在する機会がありました。
滞在していた時は、アートスペースのASPで、公開制作をしていて、
最終日が、puasaの最終日でもありました。

最終日の夜20時頃から、町内会ごとに華やかなパレードが行われていて華やか。
ちびっ子たちは、花火をならしたり大盛り上がりです。


IMG_0845.jpg

レバランの数日前から、市場などで、Ketupat(クトゥパ)の入れ物を
束にして売っていました。
Ketupat(クトゥパ)は、ヤシの葉っぱで編んでいて、緑の色が、美しい。
写真はpuasa最終日の朝、道ばたで拾ったもの。
お米を入れて、数時間茹でるそうです。そのため、お米がぎゅっとしてなり、餅米みたいな食感になります。

IMG_0852.jpg

レバランの飾りのモチーフとして使われています。
断食中からお店や、ショッピングモール。空港などにこのモチーフが飾られていました。
タクシーの中にも。

IMG_0853.jpg

レバランのお祝いのスープとともに、食べるそうです。
(写真は、頂いたスープに、無造作にKetupat(クトゥパ)をいれちゃったもの。
実際は食べやすく切るんだと思いますよ=。写真みた、インドネシアの人たちに笑われましたから。)

レバランの時の挨拶。
Selamat Hari Raya Idul Fitri.
Mohon Maaf Lahir dan Batin.

イドゥル・フィトリ(断食明け大祭)おめでとう。
心体ともにゆるしてください。(これまで一年の過ちをお許し下さい)のような意味だそうです。
たしか。

レバランから2〜3週間たっても、初めて会ったときに、この挨拶をみなさん使っていました。
日本の一月の中頃まで、「あけましておめでとう=」を使う、使い方に、似ているなあと思いました。



昨日、ジョグジャカルタのすぐ隣の街。Solo(ソロ)でテロがありました。
何度か行った町ですし、友人など知り合いが何人も生活しているので、
気持ちがザワザワします。
ニュースでも、“イスラム国”ではなく、ダーイッシュなど、呼び方を変えてほしい。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【鹿角版画 早川純子】(Junko HAYAKAWA) 版画家:絵本作家 
不思議世界に繋がるハッピーワールド!版画や絵本を作っています。 

こんにちは。このブログを見ていただいて、ありがとうございます。
2017年に、こちらの新しいブログに引っ越しました。→【blog】https://www.sikatuno.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私はうさぎや鹿など、ちょっと変わった生き物が登場する、版画や絵本を作っています。

鹿角版画の《鹿角;しかつの》は、鹿のツノをアンテナに見立てて、名付けました。

頭につけたアンテナで、ワクワクのタネを受けとめ、作品をつくる。
できた作品が、どんどん世界に旅立って行って、それが新しい出会いにつながる。
そしてまた、ワクワクの作品を作れるのがうれしいな。
小さい人や、大きい人の、ワクワクの泉になると嬉しいな〜と、想像しながら作品を作っています。
のんびり気長によろしくお願いいたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
早川純子ホームページ【Homepage】
https://www.hayakawajunko.com


<早川純子のSNSアカウント>
【blog】 
https://www.sikatuno.net

【twitter】:新月と満月の時に、呟くことが多いです。
https://twitter.com/sikatunohanga

【instagram】;顔を作って遊んでいます。明るい気持ちになってくれると嬉しいな。
https://www.instagram.com/junko_hayakawa

【LINE】
https://line.me/R/ti/p/%40vfh7580d

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
早川純子【はやかわ じゅんこ】版画家:絵本作家 
東京生まれ 1997年 多摩美術大学院修了
大学で版画を学び、現在版画を作りながら絵本の仕事をしている。
主な絵本に、「まよなかさん」(ゴブリン書房)、「はやくちこぶた」(瑞雲舎)、
「どんぐりロケット」(ほるぷ出版)、
「山からきたふたご スマントリとスコスロノ」(乾千恵再話、松本亮監修/福音館書店)など
多数。
コメント(0) 

指のカユカユ。:暑くなると、水疱がでて痒くなります。花粉なのかな??? [ほにゃほにゃ: 気まま日記]

指のカユカユが、ぶり返してきました。
(いつも梅雨頃から、秋頃が一番酷くなります。)

IMG_3569.jpg
(指のかゆみ!っていうインドネシア語。。これで合ってるのか不明。)

昨年、半年間ジョグジャカルタに滞在する機会がありました。
最初の一ヶ月は痒かったのですが、そのうち指の水泡が消えて、かゆみがなくなりました。
爪にあった、凸凹も、すっかりなくなり綺麗な爪に戻りました。
喜んでいたのになあ。

記事はこちら
花粉症と爪


すっかり爪もきれいになて喜んでいたけれど、5月の終わり頃から、小指の付け根がちょっとかゆくなってきて、6月に入ると、人差し指や、中指もかゆくなってきました。
(ヒノキの花粉の時期なのかな。。)

でも、先月。
6月後半に一週間インドネシア滞在中、かゆみや小さな水泡はピタリと消えたのです!
おお!

でも帰国後、すぐかゆくなり。。。
やはりなんか日本では、飛んでいるか、摂取しちゃうものがあるんだな。
ここ2〜3日かゆみが強くなってきました。

私は檜と杉のアレルギーがあるので、檜なのかな。。
秋過ぎまではカユカユに悩まれそうです。

マスクは一年中必要だ〜。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【鹿角版画 早川純子】(Junko HAYAKAWA) 版画家:絵本作家 
不思議世界に繋がるハッピーワールド!版画や絵本を作っています。 

こんにちは。このブログを見ていただいて、ありがとうございます。
2017年に、こちらの新しいブログに引っ越しました。→【blog】https://www.sikatuno.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私はうさぎや鹿など、ちょっと変わった生き物が登場する、版画や絵本を作っています。

鹿角版画の《鹿角;しかつの》は、鹿のツノをアンテナに見立てて、名付けました。

頭につけたアンテナで、ワクワクのタネを受けとめ、作品をつくる。
できた作品が、どんどん世界に旅立って行って、それが新しい出会いにつながる。
そしてまた、ワクワクの作品を作れるのがうれしいな。
小さい人や、大きい人の、ワクワクの泉になると嬉しいな〜と、想像しながら作品を作っています。
のんびり気長によろしくお願いいたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
早川純子ホームページ【Homepage】
https://www.hayakawajunko.com


<早川純子のSNSアカウント>
【blog】 
https://www.sikatuno.net

【twitter】:新月と満月の時に、呟くことが多いです。
https://twitter.com/sikatunohanga

【instagram】;顔を作って遊んでいます。明るい気持ちになってくれると嬉しいな。
https://www.instagram.com/junko_hayakawa

【LINE】
https://line.me/R/ti/p/%40vfh7580d

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
早川純子【はやかわ じゅんこ】版画家:絵本作家 
東京生まれ 1997年 多摩美術大学院修了
大学で版画を学び、現在版画を作りながら絵本の仕事をしている。
主な絵本に、「まよなかさん」(ゴブリン書房)、「はやくちこぶた」(瑞雲舎)、
「どんぐりロケット」(ほるぷ出版)、
「山からきたふたご スマントリとスコスロノ」(乾千恵再話、松本亮監修/福音館書店)など
多数。
コメント(0) 
メッセージを送る