So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ルカニ村のコーヒー [ほにゃほにゃ: 気まま日記]

前回の記事、親指ピアノとおなじ、
アフリカつながりでもうひとつ。

京都の画廊
堺町画廊のふしはらのじこさんは絵本も書かれています。

手から手へ展にも作品参加されており、
京都での5月のトークイベントで、ご一緒しました。
そういえば「親指ピアノがいいよ!」っていわれた時に、ふしはらさんがいたなあ。。。

2014.07.09.1.jpg

「コーヒーを飲んで学校を建てよう」
キリマンジャロとルカニ村
ふしはらのじこ文・絵 /辻村英之監修 
(福音館書店 たくさんのふしぎ 2013年6月号)

キリマンジャロ山にあるルカニ村のお話です。

たくさん実がつくまでに20年ほどかかる!など、コーヒー好きにはたまらない内容。
(こどもが生まれる時にコーヒーを育てると、収穫が多くなるころにちょうど大人になる。)など

定期購読の絵本なので、書店売りはされていませんが、
図書館には置かれていますので興味あるかたはどうぞ。
また発売後2年半までは、書店などで取り寄せができます。

http://www.fukuinkan.co.jp/magadetails.php?goods_id=23061

写真の絵本の上に置かれているコーヒー豆は、
ルカニ村のもの。堺町画廊さんでごちそうになり
とてもおいしかったので通販してしまいました。
 
いろんなところで購入できるかと思いますが、
私が購入したのはこちらから。↓

杉山佳苗珈琲焙煎(かなえ珈琲)http://kanaecoffee.ocnk.net/

コメント(0) 

親指ピアノをつくったよ:thumb piano [ほにゃほにゃ: 気まま日記]

「親指ピアノを作って弾こう」という講座を
ここ一ヶ月受講しておりました。

昨日最終日。なんとか自分の親指ピアノ(thumb piano )ができました。
もう少し鍵盤を増やしたり、飾り付けができればなあと思ってます。

IMG_0991_2.jpg

<親指ピアノ 「こねるねこ」号>

親指ピアノは、細い鍵盤を指ではじくアフリカの民族楽器。
本体の板も自由、形も自由!音階も自由!
受講生たちは、基本的な作り方を習いつつ、それぞれ気ままに制作。

私は版木を利用して作りました。
この版木の版画作品のタイトルが「こねるねこ」と
回文なので、
つくった親指ピアノも両側から引ける。。。という形にしました。

写真では分かりにくいですが、下に版木でできた箱にのってます。
(箱がつくと音が反響して大きくなる)

親指ピアノを作ろうと思ったきっかけは、
京都での5月にあったトークイベント。
絵本作家の 市居みかさん がウクレレを弾きながら
すばらしい読み聞かせをされていて、すごいな〜と思ったのです。
知人にその話しをしたら、
『早川さん。カリンバだったら場が持つよ〜』といわれ、
おお〜〜〜!と思ったのが、今回参加したきっかけです。単純。。


そういえば親指ピアノの講座を この前仕事をご一緒した
直川礼緒さんがされていたなあと。。と思い出し、
調べてみたら、ちょうど講座が始まる!というわけで、
受講してみることにしたのです。


まあ。。。読み聞かせにうまく活用できるかは分かりませんが。。。



東京音楽大学付属民族音楽研究所 
民族音楽入門講座 「親指ピアノを作って弾こう」
講師:直川礼緒  
http://www.minken1975.com/kouza_trial/oyayubi.html 

(直川さんは、「のどうたと口琴」という講座もされています。)



コメント(2) 

手から手へ展:福島県 伊達市梁川美術館にて巡回展示中  7月13日まで! [展示情報]

手から手へ展

福島県 伊達市梁川美術館にて巡回展示中です。

展示やイベントの詳細は美術館のサイトをご覧下さい。
http://www.city.date.fukushima.jp/site/y-museum/5860.html


6月13日(金曜日)~7月13日(日曜日)
9時30分~17時(最終入館は16時30分)

*月曜日休館です

一般(高校生以上)500円
中学生以下無料


こちらでのお知らせがおそくなりました。

明日7月6日日曜日は、お昼過ぎから
出品作家と実行委員の4名が美術館におります。

参加作家 たんじあきこ さかたきよこ
実行委員 五十嵐千恵子 広松由希子

気軽に、声をおかけください♫

どうぞよろしくお願いいたします。


手から手へ展のブログに、6日のお知らせが詳しく載っています。
こちらもご覧ください。

http://handtohand0311.blogspot.jp/2014/07/blog-post.html


手から手へ展は、この後札幌に巡回展示予定です。
コメント(0) 
メッセージを送る