So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「Music of Japanistan / ジャパニスタンの音楽」直川礼緒 [挿絵、その他の仕事(雑誌のイラスト、カットなど)]

「Music of Japanistan / ジャパニスタンの音楽」
直川礼緒さんの2nd.アルバム

2014.06.11.1.jpg


口琴音楽がとても発達している、
架空の国の、架空の時代の伝統音楽を
探検隊が採集した、架空の民族音楽集。


現地の人の格好をした、探検隊の一人が
船(実は宇宙船)にのった姿を
ジャケットに描きました。

遠くに見える島がジャパニスタンです。



2014.06.11.2.jpg

ジャケットを開くと、本体がバビューンと立ち上がります!
CDを取り外すと、下から口琴の絵柄が出てきます。


2014.06.11.4.jpg

CD本体には探検隊の姿が描かれており、
採集した音と共に、デッキの中を駆け巡ります。グルグル。




2014.06.11.3.jpg


左側には折り畳まれたジャパニスタンの地図。
ビロビローンとひろがります。


『ユーラシア大陸の東端に位置する島国ジャパニスタンは、
古来シルクロードの終着点と呼ばれ、3度の世界大戦と2度の氷河期を経た
現在に至るまで、色々な文化の吹きだまりになっている。(アルバム解説から抜粋)』

一時は高度な技術力を持ってたジャパニスタンの住民は、
現在は森林の中で、小集団で暮らしているそうです。
地図には描かれていませんが、車などの交通手段はあるようです。
車社会??

CDの現地録音をにも、演奏の背後に車の音が録画されています。
ジャパニスタンでは、
口琴、親指ピアノ(カリンバ)、鼻笛、などの楽器が好まれているとのこと。



2014.06.11.5.jpg


地図の後ろには、現地で採集した曲の解説がついています。
(英語/日本語)



CDは、高円寺の円盤から購入出来ます。

2500円(+税)

円盤 
http://enban.web.fc2.com/
杉並区高円寺南3-59-11五麟館ビル2F
TEL/FAX 03-5306-2937
mail : ozdisc@kf6.so-net.ne.jp
営業時間 13時~22時


日本口琴協会からも購入可。

日本口琴協会のサイト↓
http://www.koukin.jp/index.html


早川から直接購入も出来ます〜。

コメント(4) 

第131回日本口琴協会定例会 2014年6月8日(日)円盤 (高円寺) [ワークショップ、お話会など]

6月8日(日)円盤(東京 高円寺)でおこなわれた
第131回日本口琴協会定例会に、早川はゲスト?!として参加させて頂きました。

第131回のテーマは、
『直川礼緒 2nd.アルバム リリース記念イベント』

内容は、日本口琴協会代表・直川礼緒さんの
2nd.CD「Music of Japanistan / ジャパニスタンの音楽」のお披露目会。
アルバムのイラストを担当した縁で、早川がゲストで参加させていただき、
ライブ・対談・サイン会・握手会etc.を行いました。

握手会。。。。って。。と、ちょっとどうすんだろうと不安でしたが。

2014.06.11.6.jpg

19時から円盤のお部屋のような居心地のいいお店の中で、
のんびりはじまりました。

前半の1時間は、直川さんの演奏を楽しみました。
アルバムの収録曲に重ねて口琴を演奏されたり、
ジャパニスタンで使われる、口琴、親指ピアノ、鼻笛、
笛、ドンブラみたいな楽器、のこぎりで、
CDとは別の曲を演奏。


演奏の合間にジャケットの絵のことや、調査隊のことなど話したり。
私が「ほー」とか、「へ〜」とかいったりして。。。

後半は各自の口琴の報告会。口琴についての情報、ライブの告知、
体験談など報告する濃い一時間でした。


早川は、学生の頃から表参道にある、こどもの城の造形事業部でアルバイトをしていて、
今も週一、造形教室のために続けています。
直川礼緒さんは、こどもの城の造形事業部で
毎年、『鉄はうたう』という題名の口琴の展示。
またライブを12年おこなってきました。(今年はどうするんだろう。。。)
その関係で、直川さんに絵本をみて頂いたのが縁で、
今回のジャケットに絵を描かせていただくことになったのです。
世の中どうつながるか分かりませんナ。。。


日本口琴協会のサイト↓
http://www.koukin.jp/index.html

来月の定例会も面白そうでしたが(毎月定例会があるそうです。)
チラシがどっかいっちゃった。。。


コメント(0) 

祝!藤田のぼるさん「みんなの家出」第61回産経児童出版文化賞 フジテレビ賞 受賞♫ [絵本:重版、海外版などのお知らせ]

藤田のぼるさんが「みんなの家出」(福音館書店)で
第61回産経児童出版文化賞、フジテレビ賞を受賞されました。
贈賞式が一昨日、明治記念館でありました。

今回はおなじく福音館書店から出版された
「がむしゃら落語」を書かれた、
赤羽じゅんこさんが、ニッポン放送賞を受賞されました。

出版社と担当の編集者が同じ!ということで
(松本徹さんおめでとうございます!)
贈賞式のあと、家出チーム。がむしゃらチームの皆でお祝いを。

どちらの本にも亀が何処かに出てきます。
くるくる回る中華のテーブルが亀の甲羅に見えるな〜と。

2014.06.02.jpg

http://www.eventsankei.jp/child_award/

藤田のぼるさん おめでとうございました!


受賞されたお二人を囲み、
「がむしゃら落語」の装画を担当された、きむら よしおさん。
装丁の田中淑恵さん。中辻正さん。
(「みんなの家出」の装丁も田中淑恵さん)

印刷の錦明印刷さん。編集部の方などなどでお祝い。


コメント(0) 
メッセージを送る