So-net無料ブログ作成
絵本屋さん:本屋さん ブログトップ

茅野の書店の高村さん/暮しの手帖 2016年8−9月号「彼女の力」 [絵本屋さん:本屋さん]

茅野の書店の高村さんが、暮らしの手帖の「彼女の力」の記事で取り上げられました。

IMG_3733.jpg

高村さんは、長野の茅野駅前の今井書店の店長。

高村さんとの出会いは、絵本「スマントリとスコスロノ」がきっかけでした。
この絵本に高村さんが惚れ込まれた縁で、お会いできたのです。

3見開きで、高村さんが紹介されています。
お近くの書店、また図書館でご覧ください。

IMG_3734.jpg

書店を継ぐことになった経緯。地域とのつながりのこと。
絵本への思いがぐいぐい。

IMG_3735.jpg

最後のページに、絵本「スマントリとスコスロノ」が!

IMG_3736.jpg


昨年絵本が休版になった時も、のこりの在庫を出版社から取り寄せられ、販売してくださいました。
幸せな絵本だな。

IMG_2320.jpg
(写真は諏訪湖の亀ドン)

高村さんは、“蓼科絵本セミナー”という講演会を毎年企画されています。
2011年に、そこで話してもらえないか?と、連絡がきたのが、高村さんとお会いするきっかけでした。
講演される方は決まっていました。
しかし、この回のテーマ、「私たちが作ってきた世界 そしてこれから~旅立ち~」では、もう一人若い作家を紹介するのが必要なのでは?。と、高村さんは思われ、私に声をかけてくださったそうです。ありがたかったなあ。

IMG_3738.jpg
本への思いがドドーンと。私のイメージの高村さん。

2011年8月27日(土):蓼科絵本セミナー「私たちが作ってきた世界 そしてこれから~旅立ち~」
関連記事:第6回蓼科絵本セミナー 8月27日(土)よろしくだす。

茅野の駅前の今井書店。(2011年の写真)
IMG_2309.jpg

2011年の絵本セミナーの講演会の様子。
IMG_2313.jpg


「スマントリとスコスロノ」の絵本。
記事にも書かれていますが、現在休版状態で、出版社でも在庫切れの状態です。
お近くの書店の棚に、ひっそりとあるかも!
また、早川の手持ちもまだ少しあるので、個展などで少しずつ販売しています。

コメント(0) 

トムズボックス ありがとうございました! [絵本屋さん:本屋さん]

昨日、吉祥寺にある絵本屋さん。
トムズボックスに行きました。

お店は28日に閉店。寂しいなあ。

店内の写真を撮らせていただきました。
「おうち絵本シリーズ」(ほるぷ出版)の
懐かしい原画展ポスターを入れてパチリ。

1995年から木版画カレンダーを
お店に置かせて頂いていました。
その時、土井さんから頂いたアドバイスもありがたかったな。
ササクラさんにもお世話になりました!

20年ありがとうございます。

また毎年、年明けの出来上がりにかかわらず、
カレンダーを購入していただいていたみなさま
ありがとうございました。
こそっとメモ貼ってきました。

IMG_6392_2.jpg

IMG_6400.jpg


Toko buku bergambar ada di tokyo.
Toko itu terkenal.
Namanya T0M'S BOX.
Tetapi toko itu akan ditutup pada akhir tahun.
Saya merasa sedih.


コメント(0) 

nowaki / 京都どすえ。 [絵本屋さん:本屋さん]

今年の春にできた器と本のお店。nowaki さん。

小松から東京に帰る途中に、フラリ京都下車。
その節は大変お世話になりました〜。

遊びにいった日は残念ながら定休日。
看板の写真、またお店の写真を撮らせて頂きました。

2012.09.11.02.jpg

京都の三条駅から歩いてすぐ。
良い場所であります。
町家の一階をお店にしています。

2012.09.11.01.jpg

町家の一階がお店なので、靴をぬいで畳のお部屋に。
陶器や、絵本関係のグッズ、カワイイ雑貨並んでます。
壁面は、原画展や作品展展示スペース。
ゆったり楽しめそう。

2012.09.11.jpg

↑刺繍の髪留めゴム。衝動買いしてしまった。
(ブローチもあったよ。)

お店の名前の“nowaki”。“野分”から付けたのだそうです。なるほど!


nowaki

http://nowaki3jyo.exblog.jp/

〒606-8386
京都市左京区新丸太町49-1
tel 075-201-8298

コメント(0) 

さよならジュンク堂新宿店さん [絵本屋さん:本屋さん]

3月末日に新宿のジュンク堂さんが閉店するそうです。
(三越が閉店するため)
児童書売場ではフェアが開催中でーす。
『ジュンク堂書店新宿店児童書売場を共に盛り上げて下さった作家たちフェア』
2012.2.28.1.jpg

2月の末に遊びに行ったときの写真を載せます〜。

児童書売り場のエスカレーター脇のドーンとフェアの棚が。
2012.2.28.2.jpg

「スマントリとスコスロノ」の絵本が。。。
2年前フェアもしてくださったのです。
2012.2.28.3.jpg

こちらは同じくエスカレーター脇のサイン色紙の壁面。これを見るだけでも楽しい。
2012.2.28.4.jpg

早川のもあります。探してみてね。
2012.2.28.5.jpg

コメント(2) 

浜松 キルヤさん [絵本屋さん:本屋さん]

由美画廊からすぐ近くに、
浜松市唯一!の絵本屋さんがありました!

「キルヤ」とは、フィンランド語で「本」という意味だそうです。

「キルヤ」
〒430-0938浜松市中区紺屋町300-10      
http://kirja.exblog.jp/

お店を入ってすぐ、スサイタカコさんの大きな人形が
目に飛び込んできました〜!びっくり。
mug*maniaで(http://www.mugmania-online.com/)でご一緒している作家さんです。

昨年開店したばかりの、新しい絵本屋さんです。
お店の方のこだわりが伝わってくる絵本が並んでいます。

2010.3.15.2.jpg
2010.3.15.jpg

土曜日、日曜日と遊びに行きました。
絵本「スマントリとスコスロノ」に
2冊ほどサインをしてきました!
お近くのかたはぜひ遊びに行ってみてください。

ゴーリーやムナーリの絵本も充実しています。

*この日の記事は浜松から帰ってから書いたものです。
コメント(0) 

静岡 百町森さん [絵本屋さん:本屋さん]

浜松でのグループ展のため、静岡、浜松に行ってきました。

この日の目的地は、静岡駅のすぐそばにある
子どもの本とおもちゃの専門店、
百町森(ひゃくちょうもり)。
http://www.hyakuchomori.co.jp/

10.03.13.jpg

乾千恵さんから
(絵本「スマントリとスコスロノ」の再話を書かれた作家さん)
このお店の事を聞いていたので、
浜松でのグループ展の時に行きたいな〜と。

東静岡にある舞台美術センターで
http://www.spac.or.jp/
ちょうど見たい舞台もあり、それもあわせてグルッと。

土曜日の午後の忙しい時間に
対応して頂きありがとうございました。
お店の方たちと
乾千恵さんや、“スマントリとスコスロノ”のお話ができて、
うれしかったです。
今度はゆっくり遊びに行きます〜!


*浜松から帰ってから書いた記事です。
コメント(0) 
絵本屋さん:本屋さん ブログトップ
メッセージを送る