So-net無料ブログ作成

EXPLORASI:探検旅行 3日目 展示会場などみて回る。*インドネシア、ボロブドゥール寺院前でのグループ展 [インドネシア関連]

インドネシア、ジャワ島の真ん中辺にある、古都ジョグジャカルタ。 そこから車で一時間ほどのところにあるのが、ボロブドゥール遺跡。 その前で、2016年にグループ展があり、参加しました。 私はグループ展を見に、ジョグジャカルタに一週間ほど滞在。 この記事は、帰国後、思い出して書いています。

飛行機での移動。また車での移動でヘロヘロ。
爆睡。
遅めに起きる。

今日は晴れてます。
午前中は、ボロブドゥールへ。今回の展示会場に向かいました。。
泊めていただいている、加藤さんのお家から、ボロブドゥールまでは歩いていける距離です。
(早朝は、気持ちいいです。小一時間くらいの距離です。)

寄り道したところで見たバナナ。

IMG_3102_2.jpg

ボロブドゥール遺跡の敷地内にあるホテルで有名な、マノハラホテル。
いちど、泊まってみたいな。

IMG_3129.jpg

その入り口のすぐ前に、今回の展示の会場あります。

IMG_3189.jpg

展示会場は、画家のSarowokoさんのアトリエでもあります。広い。

IMG_3137.jpg

会場の裏手には、ご自宅。
Sarowokoさんのご家族も出て来てご挨拶できました。
ちびっこたちは、お風呂から出たあとで、さむい〜〜と長袖を着てました。
(こちらのお風呂は、マンディ(mandi):水浴び。
お湯のシャワーではなく、溜めておいた水で行水するのが一般的のようです。)

IMG_3145.jpg

娘さんも、絵が大好き。お絵描き帳を見せてくれました。
持っていた水彩の道具を「使う?」と、見せたら、気に入って熱心に色を塗ってなかなか帰れない状態に。。。

また、アリフさんの絵の前で、「これすき〜。亀〜。馬〜。虹〜。」とお喋りできて楽しかったな。

IMG_3121.jpg


その後、パオン寺院すぐそばにある、アーティストのアトリエにお邪魔する。
庭に生えているまんまるなグアバの実。
ニワトリもスケッチ。こっちのニワトリは強そう。

夜には、ご飯を食べに出かける。
おすすめのネコメシのお店が、断食月(プアサ)のため閉まっていたので、
今回の展示で、額を注文した工房に移動。
お店の前の屋台でご飯を食べる。


そして泊まらせていただいている、加藤さんちに戻ると、、カメムシが。。。

IMG_3161.jpg

コラッ(Kolak)を頂いて寝る。

IMG_3151.jpg

(断食あけに食べる、ココナッツのお汁にバナナやお芋やカボチャや色々入ってます。激甘で美味しい。お汁粉みたい。)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【鹿角版画 早川純子】(Junko HAYAKAWA) 版画家:絵本作家 
不思議世界に繋がるハッピーワールド!版画や絵本を作っています。 

こんにちは。このブログを見ていただいて、ありがとうございます。
2017年に、こちらの新しいブログに引っ越しました。→【blog】https://www.sikatuno.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私はうさぎや鹿など、ちょっと変わった生き物が登場する、版画や絵本を作っています。

鹿角版画の《鹿角;しかつの》は、鹿のツノをアンテナに見立てて、名付けました。

頭につけたアンテナで、ワクワクのタネを受けとめ、作品をつくる。
できた作品が、どんどん世界に旅立って行って、それが新しい出会いにつながる。
そしてまた、ワクワクの作品を作れるのがうれしいな。
小さい人や、大きい人の、ワクワクの泉になると嬉しいな〜と、想像しながら作品を作っています。
のんびり気長によろしくお願いいたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
早川純子ホームページ【Homepage】
https://www.hayakawajunko.com


<早川純子のSNSアカウント>
【blog】 
https://www.sikatuno.net

【twitter】:新月と満月の時に、呟くことが多いです。
https://twitter.com/sikatunohanga

【instagram】;顔を作って遊んでいます。明るい気持ちになってくれると嬉しいな。
https://www.instagram.com/junko_hayakawa

【LINE】
https://line.me/R/ti/p/%40vfh7580d

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
早川純子【はやかわ じゅんこ】版画家:絵本作家 
東京生まれ 1997年 多摩美術大学院修了
大学で版画を学び、現在版画を作りながら絵本の仕事をしている。
主な絵本に、「まよなかさん」(ゴブリン書房)、「はやくちこぶた」(瑞雲舎)、
「どんぐりロケット」(ほるぷ出版)、
「山からきたふたご スマントリとスコスロノ」(乾千恵再話、松本亮監修/福音館書店)など
多数。
コメント(0) 

EXPLORASI:探検旅行 2日目その2:行ったり来たり。*インドネシア、ボロブドゥール寺院前でのグループ展 [インドネシア関連]

インドネシア、ジャワ島の真ん中辺にある、古都ジョグジャカルタ。 そこから車で一時間ほどのところにあるのが、ボロブドゥール遺跡。 その前で、2016年にグループ展があり、参加しました。 私はグループ展を見に、ジョグジャカルタに一週間ほど滞在。 この記事は、帰国後、思い出して書いています。


早朝ジョグジャの空港につきました。ジャカルタから飛行機で一時間。こちらは晴れていました!
この日は、ジョグジャと、ボロブドゥールの近くを行ったり来たりしました。

IMG_3582.jpgた。


まずは滞在中、泊まらせていただく、加藤さんのお家まで移動です。
加藤さんは、今回のグループ展に参加の画家。
またムンドッ寺院のすぐそばで、バティック(STUDIO MENDUT)のお店をされています。

ムンドッ寺院は、ボロブドゥール寺院からも近いので、今回の展示会場にもすぐ。

ジョグジャの市内(空港)から一時間くらいです。
空港のタクシー受付でタクシーを頼み、お家まで行きました。
(250.000ルピア。:片道の料金)

*空港からもボロブドゥール方面のバスは出ているそうです。

IMG_3579.jpg

ジョグジャには、ブルーバードタクシーはないのです。
(バリや、ジャカルタで有名?な乗るには安心のタクシーの会社だそうです。)

タクシー利用を呼びかける、お兄さんたちが出口で、お客さんに声をかけています。
でも、ここでついて行かずに、

空港出口の右側に、タクシー受付があります。
そこでタクシーを頼みます。
受付で行き先を告げ、言われた金額をその場で支払います。
乗るタクシーの番号を聞いて、払った金額のレシートと、おじさんに渡すレシートを受け取る。
タクシーの乗り場まであるくと、レシートをもったお客さんたちが並んで、
自分ののる予定の番号のタクシーを待ちます。
言われた番号のタクシーのおじさんにレシートをわたして、乗り込みます。
(ドアは手動です。)

運転手さんは、行き先知ってそうなので、ちょっと安心。
(「知ってるよー」と、自信満々だったのに、人に道を尋ねまくる運転手さんもいるけど。)

運転手さんは、断食しているとのこと。
「シャベルと、ノド カワク ノ では?」と片言で私が聞くと、
「断食は健康にもいいんだよ〜ワハハ〜。」って、言ってました。

加藤さんの家に、到着できてホッとしました。
出発から連絡してなかったので心配されてました。すみません。
(空港でwihi使うの忘れてました。)

IMG_3080_2.jpg

機内の朝食パンや、クッキーをぐもぐ。
苦瓜のココナッツ詰めを頂く。(ココナッツは甘くなく、ピリ辛味)
3時頃まで昼寝。ぐぐう〜。


起きると、薄暗くなっていて、雷の音がしていました。
参加作家の一人、アリフさんが、やってきました。
初めてご挨拶する。

3人でジョグジャカルタの市内まで車で出発。
市内のアートスペース。ASPでの展示をみるためです。
今日が展示初日で、オープニング。

ソロ在住の高屋佳乃子さんと、ジョクジャカルタ国立芸術大学(ISI)のフダトゥラさんの2人展です。

食事ができる、buka puasa(断食明け)からの、オープニングになります。
6時前に断食明けになるので、人が集まりだすのはそのあとぐらいから。


途中から土砂降りになり、雷もゴロゴロ。
雨期みたいです。
ビーチサンダル持ってきてよかった。

ASPの近くのアトリエで、制作されている若い画家さんと合流。
コンビニの前の屋台で、できたてのチョコ味のマルタバ買い、ASPに。
(チョコ入りホットケーキ。甘いのや、おかずの中身とか。色々あります。)

半年ぶりに会えて嬉しかったな。
またメールで一度やり取りした方に、初めてご挨拶できたりと、すごい。
制作している、若い人たちにたくさん出会え、みんなすごいなあ。と感じました。

IMG_3086.jpg

ASPの展示も、見応えある物でした。パフォーマンスも良かったなあ。

IMG_3093.jpg

外はザーザー雨。中は人でわさわさ。蒸し蒸しの暑さです。

IMG_3087.jpg

中央のペットボトルは、お酒。果物“サラッ”のお酒だそうです。
梅酒のようないい香り。美味しい。バリ島?からのお土産でしょうか?


近くのオーガニックのレストランで(ミラス)で、お茶して、
加藤さん家まで車で帰りました。

IMG_3581.jpg

着いたのは23時頃。
東京から出発の長〜い一日がおわりました。


ASP artist support projectのフェイスブックページ
高屋佳乃子さんと、フダトゥラさんの展示の新聞記事


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【鹿角版画 早川純子】(Junko HAYAKAWA) 版画家:絵本作家 
不思議世界に繋がるハッピーワールド!版画や絵本を作っています。 

こんにちは。このブログを見ていただいて、ありがとうございます。
2017年に、こちらの新しいブログに引っ越しました。→【blog】https://www.sikatuno.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私はうさぎや鹿など、ちょっと変わった生き物が登場する、版画や絵本を作っています。

鹿角版画の《鹿角;しかつの》は、鹿のツノをアンテナに見立てて、名付けました。

頭につけたアンテナで、ワクワクのタネを受けとめ、作品をつくる。
できた作品が、どんどん世界に旅立って行って、それが新しい出会いにつながる。
そしてまた、ワクワクの作品を作れるのがうれしいな。
小さい人や、大きい人の、ワクワクの泉になると嬉しいな〜と、想像しながら作品を作っています。
のんびり気長によろしくお願いいたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
早川純子ホームページ【Homepage】
https://www.hayakawajunko.com


<早川純子のSNSアカウント>
【blog】 
https://www.sikatuno.net

【twitter】:新月と満月の時に、呟くことが多いです。
https://twitter.com/sikatunohanga

【instagram】;顔を作って遊んでいます。明るい気持ちになってくれると嬉しいな。
https://www.instagram.com/junko_hayakawa

【LINE】
https://line.me/R/ti/p/%40vfh7580d

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
早川純子【はやかわ じゅんこ】版画家:絵本作家 
東京生まれ 1997年 多摩美術大学院修了
大学で版画を学び、現在版画を作りながら絵本の仕事をしている。
主な絵本に、「まよなかさん」(ゴブリン書房)、「はやくちこぶた」(瑞雲舎)、
「どんぐりロケット」(ほるぷ出版)、
「山からきたふたご スマントリとスコスロノ」(乾千恵再話、松本亮監修/福音館書店)など
多数。
コメント(0) 

EXPLORASI:探検旅行 2日目 ねむいねむい乗り継ぎ:スカルノ・ハッタ空港 深夜の乗り継ぎ:インドネシア、ボロブドゥール寺院前でのグループ展 [インドネシア関連]

インドネシア、ジャワ島の真ん中辺にある、古都ジョグジャカルタ。 そこから車で一時間ほどのところにあるのが、ボロブドゥール遺跡。 その前で、2016年にグループ展があり、参加しました。 私はグループ展を見に、ジョグジャカルタに一週間ほど滞在。 この記事は、帰国後、思い出して書いています。


今回、行きも帰りも深夜に空港に到着。
明け方まで乗り継ぎの飛行機を待つ必要がありました。
その間、 どう過ごせばいいのか、山のような不安。不安。
夜のスカルノ・ハッタ空港(ジャカルタ)で、一人。
徹夜も苦手だし、安全に過ごせるのかしら?と。

しかし、今は断食月。
明け方には、空港の外の食堂も早めに開いていて、賑やかかも〜〜??
淡い期待を持ち、出発しました。


夜18時に、成田出発予定の飛行機は、40分程遅れて離陸しました。
これで、到着空港での待ち時間が少なくなるな!ラッキ〜と思ったものの、さすがはANA。
定刻到着時間通りの、24時に到着しました。スゴい。

IMG_3548.jpg

機内ですこし横になれたのは幸運でした。


スカルノ・ハッタ空港で入国審査を受け、スーツケースを受け取り、到着ロビーを出たのは1時を回っていました。
2011年にも降りたことがある空港なので、地図を見ると位置関係を、ぼんやり思い出せます。
(2011年は、飛行機から降りた時にガイガーカウンターで、放射能チェックを受けたなあ。。。)

警備員さんに早朝の飛行機を、どこで待てばいいかと、空港の見取り図を見せながら聞。
「2階の国内線の待合所へ行なさい。」とのこと。
エレベーターで2階の出発ロビーに移動しました。

*同じような時間帯で、朝まで飛行機を待っていた方から、
「国内線の登場入り口には、人がいなかったぞ〜!」と、
情報を事前に教えていただいていたので、国際線の出発ロビー付近で、ゲートが開く朝を待つことにしました。

IMG_3539.jpg

地図の赤まるの辺のベンチにいました。
(写真の地図は「地球の歩き方」より。)


幅広いベンチだったので、意外に快適に過ごせました。

IMG_3565.jpg


思ったより人が多かった。
でも一人ボッチは少ないかな。(女の子の一人もいたけれど。)

みなさんベンチで寝転んだり、床の上にゴロンとしていました。
コンビニも開いてたし、食堂も開いていました。
私はANAの機内でもらったペットボトルの水や、食べ残したパンなど食べて過ごしました。


IMG_3566.jpg

スーツケースもあるし、出入り自由の場所のため、トイレは我慢。

IMG_3538.jpg

そうそう。
到着して一番ビックリしたのは、雷雨だったこと。土砂降りでした。
乾期のはずだと思っていたのに!
朝まで雷。豪雨。まるで雨期みたい。

窓の外の、雷雨を見たりスケッチしながら過ごす。
室内なので、冷房も効いていて快適です。
蚊よけは必要です。

2時半ごろ、国際線の入り口が開きました。

IMG_3540.jpg

体をのばすために、時々スーツケースを転がして、国内線の入り口までのぞきに行きました。
レバランの飾り付けをしている様子をボ〜〜と見たり。

写真は国内線の入り口。こちらも冷房が効いて寒い。

IMG_3162.jpg


国内線の入り口が開いたのが、4時前くらいだったかなあ。。。
パスポート、eメールの航空券を入り口で見せて、荷物チェックを受けて、中に入る。

IMG_3541.jpg

航空会社のチェックインカウンターで、スーツケースを預けたあと、チェックインカウンターに進み、手荷物検査してチェックインしました。

中の食堂では、沢山の人が食事していました。
(国際線と中で繋がっているようです。)

ムスリムの方が多いので、夜明け前に食事をとる方が多いのかな?

私も売店で揚げカレーパンを一個買い、乗り込む前に食べました。
カレーパンを受け取る時、揚げたてにビックリ。喜びの顔をしたら、お店の女の子が『でしょ!』と、微笑んでくれました。食いしん坊には、嬉しい一瞬。


搭乗する待合室前で、もう一度手荷物検査がありました。
国内線のためか、ペットボトルの水は持って入れました。あり?
チェックイン内で購入したペットボトルなので良かったのかな?

まだ雨がザブザブ降っています。
ちょっと古びた、小さい飛行機にシャトルバスで移動。
ジョグジャカルタまでは、一時間程の飛行です。

機内食の朝食はパン。
みなさん受け取ってましたが、食べている人が周りにいません。
断食の時間が始まった直後とはいえ、ちょっと食べにくい。
カレーパンも食べたので、後で食べることにしました。

コーヒーだけ一人頼んでゴクゴク飲む。美味しい。
飲み物を頼む人も旅行者くらい?

IMG_3079.jpg

ジョグジャカルタの空港の到着。こちらは晴れていました。

空港の外は工事中。
お店が新しくなっていたり、建物の壁にワヤンの飾り付けが取り付けてあったりと、半年前とすこし変わっていました。

IMG_3078.jpg

飲食できるお店の窓には、中が見えないようにカーテンが引かれていて、プアサの時期なんだと改めて実感。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【鹿角版画 早川純子】(Junko HAYAKAWA) 版画家:絵本作家
不思議世界に繋がるハッピーワールド!版画や絵本を作っています。

こんにちは。このブログを見ていただいて、ありがとうございます。
2017年に、こちらの新しいブログに引っ越しました。→【blog】https://www.sikatuno.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私はうさぎや鹿など、ちょっと変わった生き物が登場する、版画や絵本を作っています。

鹿角版画の《鹿角;しかつの》は、鹿のツノをアンテナに見立てて、名付けました。

頭につけたアンテナで、ワクワクのタネを受けとめ、作品をつくる。
できた作品が、どんどん世界に旅立って行って、それが新しい出会いにつながる。
そしてまた、ワクワクの作品を作れるのがうれしいな。
小さい人や、大きい人の、ワクワクの泉になると嬉しいな〜と、想像しながら作品を作っています。
のんびり気長によろしくお願いいたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
早川純子ホームページ【Homepage】
https://www.hayakawajunko.com


<早川純子のSNSアカウント>
【blog】
https://www.sikatuno.net

【twitter】:新月と満月の時に、呟くことが多いです。
https://twitter.com/sikatunohanga

【instagram】;顔を作って遊んでいます。明るい気持ちになってくれると嬉しいな。
https://www.instagram.com/junko_hayakawa

【LINE】
https://line.me/R/ti/p/%40vfh7580d

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
早川純子【はやかわ じゅんこ】版画家:絵本作家
東京生まれ 1997年 多摩美術大学院修了
大学で版画を学び、現在版画を作りながら絵本の仕事をしている。
主な絵本に、「まよなかさん」(ゴブリン書房)、「はやくちこぶた」(瑞雲舎)、
「どんぐりロケット」(ほるぷ出版)、
「山からきたふたご スマントリとスコスロノ」(乾千恵再話、松本亮監修/福音館書店)など
多数。
コメント(0) 

EXPLORASI:探検旅行 1日目 乗り継ぎの不安。: インドネシア、ボロブドゥール寺院前でのグループ展 [インドネシア関連]

インドネシア、ジャワ島の真ん中辺にある、古都ジョグジャカルタ。 そこから車で一時間ほどのところにあるのが、ボロブドゥール遺跡。 その前で、2016年にグループ展があり、参加しました。 私はグループ展を見に、ジョグジャカルタに一週間ほど滞在。 この記事は、帰国後、思い出して書いています。


17日。金曜日の夕方の便でインドネシアに出発です。
空港に行く前に、日暮里で打ち合せしたりとアワアワでした。
そして、画材などを詰め込んだトランクは重い。。。
リュック一つで行けると、移動が楽になるのになあ。


旅行期間中が、ちょうどプアサ(断食月:puasa)の後半に。
レバラン(断食月明け大祭)前には、日本のお盆のようにインドネシアでも田舎に帰って、
家族と過ごします。
帰省ラッシュの時期なのか、航空券も高かったです。もっと前から買えば安かったのかな?


荷物も多いので、ANAのインターネット予約で、検航空券を購入しました。
日本〜ジャカルタはANAの飛行機。
ジャカルタ〜ジョグジャカルタ間は、提携便のガルーダインドネシア航空。
往復で7万5千円くらいでした。(燃料費など込み)


夕方に目的地のジョグジャカルタにとうちゃくできたり、
乗り継ぎ時間が便利な便を選択すると、往復で10万円〜20万円になってしまいます。
そのため、接続が悪くて、安い便を選択しました。

IMG_7166_2.jpg

往路
6月17日(金) 東京(成田) - ジャカルタ 18:05発23:55着
 ↓
6月18日(土) ジャカルタ - ジョグジャカルタ 05:25発06:40着
 

帰り
6月25日(土) ジョグジャカルタ - ジャカルタ 20:25発21:45着

6月26日(日) ジャカルタ - 東京(成田) 06:15発15:50着
 

行きは、夜中にジャカルタの空港に到着。乗り継ぎ便は早朝。
帰りは夜22時頃に空港到着。こちらも早朝の便。
徹夜も苦手なのに、行きも帰りも、夜中に空港で過ごさないといけない旅程。
どこで安全に過ごせるのか、不安のなかの出発でした。
荷物も多いので、トイレに行く時とか不安がいっぱい。


今回の展示でご一緒している、画家の上田さん。
上田さんも、5月の末に同じような行程で、往路を体験されたので、空港のどの辺で過ごしていたのかを聞いたりしました。
そして、出発前に、成田空港で、飛行機の職員の方に聞いても、現地の空港の様子は分からないとのこと。
ドキドキしながらジャカルタまで過ごしました。

IMG_3548.jpg


飛行機の中で、座席にはゴロンと横になれたのは幸運でした!
緊張してねれなかったけれど。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
5月20日〜6月30日まで。 インドネシアのジョグジャカルタでのグループ展に参加しました。 展示タイトルの、Explorasiは、英語で“Exploration”の意味。(探検、探求などの意味?) インドネシアでは、色んな材料や技法を使って画面を作ったりする時に、explorasiと使うそうです。
13179323_1753725234909674_1574621601518298621_n.jpg

関連記事 編集中

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【鹿角版画 早川純子】(Junko HAYAKAWA) 版画家:絵本作家
不思議世界に繋がるハッピーワールド!版画や絵本を作っています。

こんにちは。このブログを見ていただいて、ありがとうございます。
2017年に、こちらの新しいブログに引っ越しました。→【blog】https://www.sikatuno.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私はうさぎや鹿など、ちょっと変わった生き物が登場する、版画や絵本を作っています。

鹿角版画の《鹿角;しかつの》は、鹿のツノをアンテナに見立てて、名付けました。

頭につけたアンテナで、ワクワクのタネを受けとめ、作品をつくる。
できた作品が、どんどん世界に旅立って行って、それが新しい出会いにつながる。
そしてまた、ワクワクの作品を作れるのがうれしいな。
小さい人や、大きい人の、ワクワクの泉になると嬉しいな〜と、想像しながら作品を作っています。
のんびり気長によろしくお願いいたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
早川純子ホームページ【Homepage】
https://www.hayakawajunko.com


<早川純子のSNSアカウント>
【blog】
https://www.sikatuno.net

【twitter】:新月と満月の時に、呟くことが多いです。
https://twitter.com/sikatunohanga

【instagram】;顔を作って遊んでいます。明るい気持ちになってくれると嬉しいな。
https://www.instagram.com/junko_hayakawa

【LINE】
https://line.me/R/ti/p/%40vfh7580d

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
早川純子【はやかわ じゅんこ】版画家:絵本作家
東京生まれ 1997年 多摩美術大学院修了
大学で版画を学び、現在版画を作りながら絵本の仕事をしている。
主な絵本に、「まよなかさん」(ゴブリン書房)、「はやくちこぶた」(瑞雲舎)、
「どんぐりロケット」(ほるぷ出版)、
「山からきたふたご スマントリとスコスロノ」(乾千恵再話、松本亮監修/福音館書店)など
多数。

コメント(0) 
メッセージを送る