So-net無料ブログ作成

トリツカレ男情報*27日金曜日、NHK 北海道クローズアップ [掲載記事]

*北海道のみまさまへ*

27日金曜日、NHK 北海道クローズアップで
北海道、いわた書店のドキュメント番組が放送されるそうです。
そのなかで、いしいしんじさん の著書「トリツカレ男」が出てくるそうですよ〜。

放送局より頂いた情報は以下。どんな内容なのかなあ。。。
(放送内容等、変更される場合があるかもですが、楽しみですね。)
**************************
番組名:北海道クローズアップ
放送日時:2月27日(金)夜7時30分~から 総合テレビ(北海道ローカル)25分

番組内容:
全国から注目を集める、北海道砂川市で56年続く
“町の本屋さん”いわた書店の「1万円選書サービス」。
読者の読書遍歴や人生経験などを
“カルテ”と呼ばれるアンケート用紙に書いて送ると、
店主の岩田徹さん(62歳)がそのカルテを元に読者に合った
1万円分のオススメの本を送ってくれるサービスだ。
大型書店の出店やネット書店の台頭に苦しむ小さな本屋が
苦悩と試行錯誤の末選書サービスに辿り着いた背景と、
悩みを抱える一人の読者が岩田さんに依頼、選書してもらい、
人生が変わる1冊に出会うまでをドキュメントで描く。

*****************************

番組のサイトで予告編が流れていました。
2月27日(金)午後7:30~
ヒューマンストーリー 「心に響く本を ~ある“本屋の親父”の挑戦~」
http://www.nhk.or.jp/sapporo/kitakuro/index.html


2015.02.26.jpg

写真は「トリツカレ男」(いしいしんじ ・著)
挿絵を描かせていただきました。
左は、ビリケン出版。右は新潮社より文庫化されたもの。 


コメント(0) 

荷物の山や。 [kura-kura通信:2015]

2014.02.21.2.JPG

良い機会なので、
近所に借りていた仕事場を
引き上げる予定ですが、、、、、、

荷物が片付けられません。



引っ越し屋さんにも連絡しなければ。。。と
ノロノロしてたら、
出発の前日が引っ越しの日になりそう。
いま引っ越しシーズンなのですね。そういえば。

2015.02.21.jpg

やる気が出ないなか、
先週末、定期検診で歯医者さんに。

海外に行くことを伝えると、

念のために薬を出してくれました。
ありがたい。

アロンアルファは、使っているマウスピースが
もし割れちゃった時にくっつけができるように。
あっちでも売ってるとは思うけど、念のため。
あといろいろなにかに使えそうだし♫
コメント(0) 

「Æsop100人の寓話」展 2月16日(月)〜2月28日(土)PinpointGallery(青山) [展示情報]

「Æsop100人の寓話」展

今日からの「イソップ100人の寓話」展が
青山にあるPinpointGalleryではじまります。
早川も版画で参加しています。

2015年2月16日(月)〜2月28日(土)
11:00~19:00 土曜日は17:00まで 日曜休み
http://www.pinpointgallery.com/cn2/cn299/top.html

場所:PinpointGallery
107-0062 東京都港区南青山5-10-1二葉ビルB1F OPEN HOURS


2015.01.27.2.jpg
展示DM画像
イラスト:高畠那生「アレッ?なくなっちゃった」ずるいキツネより

以下、画廊の展示内容文を転用
********************************
ヨーロッパの昔話として親しまれているイソップ童話ですが、
その起源は古代ギリシアの奴隷アイソーボス(イソップ)が作った寓話にあります。
有名な「ウサギとカメ」「ありとキリギリス」等を
含む400以上のお話には、
「油断大敵」「働かざるもの喰うべからず」などの教訓があり、
誰もが幼少時代に教科書などで馴染んだものと思います。
今回はイソップ寓話を下敷きとして、
新しい表現を100人のイラストレーター、絵本作家らが描きます。

ピンポイントギャラリーのお知らせページ。
各作家の展示作品を見ることができます。
http://www.pinpointgallery.com/cn2/cn299/top.html

*************************************

2015.02.16.jpg

写真は、早川が出品している作品のラフ。

ラ・フォンテーヌによるイソップの伝記「舌」から 
(イソップ寓話集 亀山龍樹/訳 国土社)

**「舌」の、あらすじ**

主人のいいかげんなたのみに、
うんざりしている奴隷のイソップ。

ある日、いちばん良いものだけを買って、
宴席の用意をしろといいつけられます。

イソップは、いろんな動物の舌の料理を並べます。
「知識を伝え、真実を述べる。舌の力は重要な役割をしています。
一番良いものといわれたので、舌を買ってきました。」と、イソップ。

舌だらけの料理にうんざりした主人は、
今度は一番わるいものを買って、
宴席の用意をしろとイソップにいいつけます。

イソップはいろんな動物の舌の料理をまた並べます。
「舌は諍い、戦争のもとです。
悪いことを信じこませるのも舌ですから。
一番悪いものといわれたので、舌を買ってきました。」
というお話。

コメント(0) 

ビザ申請 :3 [kura-kura通信:2015]

ビザ受領しました。

2015.02.10.JPG

今回申請したビザは、シングルビザ(visit visa)
語学や美術などのビザは、以前 “ソシアルブダヤビザ” という
名前だったそうで、最近シングルビザと統合されたそうです。
(夏に確認に行きました。)

60日まで滞在できて、(30日の場合もあるみたい)
現地で四回まで(一回30日)、更新ができるそうです。

ビザ申請時に提出する証明写真は、
背景が白のカラー写真。
(以前は背景の色が、青か赤だったみたい。
現地での更新時の写真はどうなのかなあ。。。)

個人でのビザの受け取り時間は、3時から4時半。
窓口で控えを渡すと、すぐ受領できました。

ふひ。。。
相談させていただいた皆様。また心配していただいたみなさま
ありがとうございました!
次は準備をしなくては。。。

コメント(0) 

ビザ申請 :2 [kura-kura通信:2015]

昨日ビザの申請が出来なかったので、
今日も目黒にある、
インドネシア大使館に行きました。

(都営三田線沿線に住んでいるので、とても便利でっす。
最近は乗り換えなしで目黒に行けるのです。)

2015.02.05.2.JPG

雪のためか、大使館にビザ申請に来ている方は少なかったかな。

必要書類を提出。どうやら書類は足りているようでした。

少し待ち、「junko!」とよばれ、
領収書を渡され、ビザ手数料のチケットを買って、貼るようにいわれる。

入り口にある、券売機でチケットを購入。
数枚重なった領収書に、
購入したチケットを糊でペタペタと貼付けて提出。
(チケットはシールでした。窓口の人が、「これシールだよ〜」と、
一枚づつはがして、貼り直してくれました。やさしいなあ。)

このまま問題なければ、月曜日にビザを受領できます。ドキドキ。
(土日を挟まらなければ、申請した翌々日に受領できるそうです。)

ビザの受け取り控えと、手数料の領収書を受け取り、
ホッとして帰りました。
ぐふ。

kura-kuraはインドネシア語で亀。
カメのように、ノロノロとゆっくりですが
報告をして行けたらと思います。
コメント(0) 

ビザ申請 :1 [kura-kura通信:2015]

次の満月から、インドネシアに
すこし滞在する計画を立てています。

昨年の夏から、いろんな方に相談させて頂きながら
ノロノロ〜と進めていました。

2015.02.04.JPG

今回は、語学留学を渡航目的としました。

ビザ申告に必要な書類の一つ。
現地身元保証人(スポンサーレター)を
先方の学校からいただいたので、
シングルビザの申請に、目黒にあるインドネシア大使館にいきました。

個人でのビザ受付時間は9時半〜11時半。

時間ギリギリに着いたので、窓口でもらえる書類を頂いた時点で時間切れ。。
次の日改めて行くことになりました。ぐふう。。。

あと必要な書類の一つである、
英文推薦状(所属先からのレター)???など、
フリーの自分はどうすれば良いのか?
不明の書類もあったのですが、
今日聞いた人は、なんか良いみたいにいってたけど。。。

うーん。も一度行くことになるのかな。明日また聞いてみよっと。。。
ノロノロ進めています〜。



[kura-kura通信]
インドネシア語でkura-kuraは“亀”

コメント(0) 
メッセージを送る